特約を利用

弁護士費用補償特約とは

たとえば、自動車を運転中、信号待ちで停止ていた時に、後ろから追突されたとします。 この交通事故の場合、こちらには過失が全くありません。ですから、損害額の100パーセントを相手車に損害賠償請求することができます。 相手が素直に損害賠償に応じてくれたらいいのですが、中には素直に応じないケースもあります。 そんな時に頼りになるのが、自動車保険を加入している保険会社といいたいところですが、こちらが過失がない交通事故については、保険会社が示談交渉することはできないのです。これは弁護士法の規定によるものなのです。 そこで、弁護士費用補償特約の登場です。この特約があれば、訴訟費用などの弁護士が関わる費用が発生する場合に補償してくれるので、交通事故で困っても非常に助かります。

特約の価格と補償について

弁護士費用補償特約の価格ですが、保険会社で若干の差があるものの、年間で2,000円ぐらいです。月々にして約180円〜200円ぐらいといったところでしょうか。 その保険料で、不運にも交通事故に遭って、弁護士が必要となった時に弁護士費用を補償してくれるわけですから、備えておくと安心ですね。 ちなみに、補償してくれる弁護士費用の上限は300万円という保険会社が多いです。 弁護士費用補償特約は、こちらが過失がない場合に限らず、過失割合でもめる場合や後遺障害と交通事故の因果関係の有無などにおいても必要となるケースがあります。弁護士費用は決して安いものではありませんが、いつ何が起きてもおかしくありません。そんな時のためにしっかりとした備えをしましょう。