信頼できる所を選ぶ

税理士に求められるもの

現在の税理士は、税金に関わる業務のほかに、会計業務や起業支援など、幅広いサービスを行うところが増えてきています。会計業務を行ってくれる税理士は利用者にとって非常に便利で、会計全般の業務を委託することで、ビジネスに集中しやすく、売上げを増加させることができます。今後はこのような流れが加速し、幅広い業務を行う税理士が一般的になっていくのかもしれません。インターネットが普及し、個人が手軽に確定申告することができるようになった今の時代、税理士にはより高度で便利なサービスが求められています。専門的なアドバイスをしてくれる人であれば、税理士をいう枠を超えた相談役として企業から重宝される存在になるでしょう。

月間顧問料に注意しよう

税理士を探す際にコストを削減したい場合も多くありますが、あまりにも安いところに依頼するのは危険です。そのようなところは面談がなかったり、素人ミスが多いことが考えられます。月間顧問料の相場は、個人の場合で月1〜2万円前後、法人の場合で3万円前後といわれているので、この価格を目安にして税理士を探してみると良いでしょう。ただし、法人の場合は、年商が高くなるにつれて、月間顧問料も高くなっていく傾向にあります。年商が1億円を超える企業であれば、税理士と相談して報酬を設定するようにしましょう。