専門家に相談

日本における離婚の状況について

現在の日本では、晩婚化の進展や一生独身で過ごす人が増加しているといわれています。一方、離婚件数も以前と比べて増加傾向にあります。離婚にあたっては、当事者同士の協議による方法のほか、裁判を経るいった手段がありますが、日本では協議離婚の件数が圧倒的に多いといわれています。離婚の際には、財産分与や子供の養育費等についてしっかり協議しておくことが大切になります。しかし、実際はそのような協議がしっかりと整っていない状況で、離婚をしてしまうケースというのも少なくないといわれています。そのため、いわゆるシングルマザーを中心に養育費が十分にもらえなかったりして生活に困窮するケースも少なくないといわれています。

弁護士などの専門家へ相談してみましょう

離婚は結婚よりも数倍のエネルギーが必要であるといわれます。しっかりと養育費や財産分与を行うためには、法律の専門家である弁護士に相談することも重要な手法であると考えられます。また、裁判を行う場合にも、法的な観点から自分の主張をサポートしてもらうためには、弁護士に依頼することが大切です。以前は弁護士への相談というと敷居が高いイメージがありました。しかし、最近では弁護士人口の増加に伴う弁護士側のサービス意識の改善や、低所得者向けの公的支援サービスも拡充が進んでいます。自治体での弁護士相談など、初回は相談料を無料で話を聞いてくれるサービスも行われています。自分一人で抱え込まずに、専門家を利用することも大切であるといえます。