交渉を進めるためには

弁護士特約は必要です

事故後、交渉が中々進まない場合には、弁護士に依頼をするとスムーズに交渉を行ってくれ、より多くの補償をしてもらうことができるかもしれません。 交通事故での弁護士費用は着手金と報酬金に分かれています。事故の重大さや事務所によってこの金額には開きがありますが、大体着手金が30万ぐらいまで、報酬金が50万から100万ぐらいとなっています。 結構大きな金額となりますが、自動車保険の弁護士特約をつけているとまかなうことができる金額です。多くの弁護士特約では、相談費用で10万円、弁護士依頼費用で300万円までの保険金が支払われます。

交通事故案件は専門知識が必要です

これまでは多くの交通事故は、保険会社でのやり取りで解決が図られてきました。しかし、交通事故後の後遺障害の存在が知られるようになり、きちんと事故後の補償をしてもらう必要が出てきました。 それにより、弁護士に交渉を依頼する方も増加しています。交通事故の交渉には、自動車保険の専門的な知識や医療の知識等多くの知識が必要です。いろいろな案件を扱う弁護士では、上手な交渉を行うことが難しいので、交通事故専門の弁護士も現れてきました。 依頼する側もインターネット等で調べ交通事故を多く取り扱っている方を選ぶようになってきました。これからも交通事故の交渉は増えていくので、専門知識を持った弁護士の需要は高まっていくと思われます。